NH's Instruments : ハタヤマ ノ サギョウバ

top > archives > 2014 > NH's Instruments > Korg X5D

Korg X5D

95年に出たKorgさんところの『aiスクエアシンセシス』という名のPCMシンセ。

本体での音色加工はできるんですけど、非常に面倒くさいためプリセットシンセとして使用しています。
それでも使える音は十分にあるので何の問題もございません。
(一応、オフィシャルのエディタ(※1)とかもあるんですけど...如何せん古すぎ(Win98)てXPにインストールする事ができないためあきらめております(笑)。XP、WIN7対応したアンオフィシャルのエディタ(※2)はWeb上で売られてますけどね。)
(※1 オフィシャルのエディタ:Korg UKのサイトで配布されております。(※2014年3月時点))
(※2 アンオフィシャルのエディタ:SoundQuest社 『Midi Quest』、soundtower社 『X5D Editor』のこと)


この時代のPCMシンセって音の綺麗さっていうよりは個性が強いと思うんですよね。
あと、音を聞いたらすぐにメーカーが浮かんでくるし。(そんなことない?^^;)
うん、GM系プリセットだって普通に使えるんだもんなあ...ああ、素敵(笑)。

エレピ、エレドラ、鍵盤打楽器の音はキレイな音過ぎなくて大好き。
これは嫌味ではなくて褒め言葉ですよ。
(シンセで音楽作ってる人にはきっと言っている意味を理解してもらえると思います...たぶん。^^;)

サンプル音(プリセット名(フレーズ引用元))

■B83 Hard Tines (from "Untitled Track")

Korgさんところのエレピの音って硬めの音なんですよね。
そこは人の好みなんですけど、個人的には柔らかめのエレピよりも硬めの方が好きなんですね。

- Page Top -

Archives

Archives内リンク

Archivesトップへ戻る

NH's Instrumentsトップへ戻る

コンテンツ内リンク

Guiter & Bass Guiter

Synthesizers

Others